魚になった師匠

 釣りを好きになったきっかけというのは人それぞれだと思う。私の場合は小学生の時、祖父と行って入れ食いだったニジマスの釣り堀だ。ただ、それはきっかけであり、実際にそのまま釣りにのめり込んだわけではない。その後ブームにのってバスフィッシングも楽しんだ。しかし、現在のように海釣りの魅力に取り憑かれたのは心の師匠の影響である。

 師匠は会社の同僚であった。同僚と言っても20才くらい年上のおじさんだ。会社に入りたての頃、入社動機を聞かれて「釣りが好きだからです。」というと大変気に入られた。しかし当時、私が凝っていたのはトラウトフィッシング。師匠は「食べて旨い海の魚を釣らせてやるよ。」といい、横浜・本牧の夜釣りへ他の同僚数名と共に私を連れだしてくれた。

 海釣り経験ゼロで、道具も仕掛けもさっぱり分からない私に師匠が貸してくれた道具は、1.5メートルくらいのペナペナな竿とフライリールを改造した太鼓リールだった。仕掛けはシンプルな1本針とガン玉おもり。そこにアオイソメを付けて堤防際から底までふわりふわりと落とし込み、底からゆっくり巻き上げるように指導された。

 言われたとおりに何度か落とし込み、底からゆっくり巻き上げていた。最初は底に着いたのか着いていないのか分からなかったが、何度か教わる内にコツが飲み込めた。突然、ものすごい勢いで糸が出ていった。その時、側にいた同僚は、「ちゃんと巻いてる?巻かなきゃだめだよ!え?重い?何かわいこぶってるんだ!」と檄を飛ばした。しかし、腕力に(当時は)自信があった私でさえなかなか糸を巻くことが出来ない。竿は満月を通り越してグンニャリと曲がっている。ようやく上がってきた魚を見て、師匠と同僚達は唖然としていた。70センチ以上あろうかという見事なスズキであった。師匠は、私を褒めずに「この竿、すごいだろ。」と一言。私の腕が良いから釣れた可能性はゼロ。おっしゃるとおり竿のお陰だったのであろう。その後はメバルやカサゴ、アナゴなどを皆で釣り上げて深夜に納竿となった。

 海で生まれて初めて釣った魚がスズキだったというビギナーズラックは私の釣り人魂を目覚めさせた。それからは師匠の釣行には出来るだけ同行した。最初の魚があまりにも強烈な印象だったので、それ以上の興奮を得られる魚にはなかなか出会えなかった。師匠の本命はクロダイ。私もヘチ竿を購入し、教わりながらクロダイとの出会いを求めた。しかし顔を見られないままあっという間に1年以上経っていた。

 諸事情により会社を退職したあとも師弟関係は続いており、相棒ともどもかわいがってもらっていた。そんなある日、師匠が入院したという連絡が会社から入った。師匠は重い病に冒されていた。見舞いに何度か行ったがとてもつらい闘病生活のようであった。師匠に病気と闘う威力を発揮させるのは釣りに行きたいと思う強い欲望だと信じ、私は携帯メールで釣果を逐一報告し続けた。

 入院から数ヶ月後、師匠から電話が入った。いつもの堤防釣りに同行して欲しいとのことだった。体調が心配ではあったが、一時帰宅の許可をとってあるから大丈夫だと言う師匠の言葉を信じ、同行することにした。その時期、堤防でアジが好釣だったのでそのことを告げると、ヘチ釣りは体力的に無理だからアジのサビキ釣りをしたいと彼は希望した。

 久々に会った師匠の弱り様は誰が見ても明白だった。それなのにコマセを振る彼はとても嬉しそうだった。なんとか沢山のアジを釣らせてあげたいと思ったが、その日の釣果はあまり良くなかった。夕間詰めから夜八時くらいまで竿を出し、納竿とした。二度目の一時帰宅でも師匠は同様の電話をよこした。しかし体調が思いの外悪化し、中止となってしまった。

 その後、師匠と釣りに出かけることはなかった。師匠は海に還った。戒名に「魚」の文字が入っていた。

 元同僚の話では、病床でも竿をいじっていたそうだ。いつでも釣りに行けるように手入れをおこたらない人だった。私は師匠に聞き忘れていたことがある。あの最初に貸してくれた竿は何竿だったのであろうか・・・。

 師匠の他界後、どうしても彼と通った堤防に行けないでいた。行って、そこに師匠がいないということを実感してしまうのが嫌だった。私は場所を移し、サーフへ、そして沖へと出ていった。

 私が沖に出てから一年以上が経った。師匠の魂が乗り移ったのかと思うほど、彼亡き後の私は釣りキチ度がひどくなっている。そのお陰で沢山の人と出会い、魚と出会い、幸せに暮らしている。

 近い内、師匠と通った思い出の堤防でのんびりアジを釣りに行こうと思う。

 

2003.11.11
mami

山の精霊

海釣りとは関係のないお話しですが、思い出しちゃったので書いてみます。私的にはかなり説明不可能な、X-FILEです。

 2000年の初夏、だったと思います。奥多摩のとある源流へ相棒とヤマメ釣りに出かけました。そのころ既に、何度か渓流釣りを経験して、私はすっかり調子に乗って相棒より先に川上へ〜川上へ〜っと釣り上がっておりました。(渓流では先に上流を探った方がなんとなく有利らしいです)そして、がんがん進みすぎて、相棒の姿が見えず声も聞こえないことに気づきました。「ま、彼はベテランだから大丈夫だよね。」と1人川のせせらぎを聞きながら釣り糸をたれていると・・・

 「・・・・・。」

 ものすごくかすかですが女性の声が聞こえた気が?・・・川のせせらぎでよく聞き取れません。じ〜っとして耳を澄ませてみますと、

 「○○○・・・・気を付けて・・・・・。」

 へ?何?誰か他のグループがしゃべっているのかな、と思いつつとても気になるのでまた耳を澄ませてみると、やっぱり女性が1人でつぶやいている(叫んでいる?)。遠くの方から聞こえる声なのに、なぜか耳元で囁かれているような不思議な声。突然、全身の毛が逆立つような感覚に襲われ、あわてて相棒を探しました。20メートルほど川下に降りていくと、相棒は普通に釣り糸をたれています。

 「ねえ、女の人の声、聞こえた?」

 「いや、何、誰か悲鳴でも上げてた?」

 「ううん、そんなぶっそうな感じじゃないんだけど・・・ねえ、そろそろ帰ろう。」

 「疲れた?じゃあ帰ろうか。」

 我々はそのポイントに、山道からガードレールを乗り越えて、半ば逆ロッククライミング状態で降りたために、もちろん帰りは正式なロッククライミングです。そういう場面が多いので、いつも相棒に、源流の釣りでは帰る時の体力を残しておくように言われていました。そしてえっちらおっちら6〜7mの岩壁を上ってあとちょっとでガードレールに手が届く、という時に事件は起こりました。腕力の限界でちょっとふらついた私を下にいた相棒がぐぐっと持ち上げてくれたのですが・・・持ち上げる力+自分でよじ登る力で顔面をガードレールに強打。

 「うっ・・・★☆★☆?!?!?!?」

 痛すぎて声になりません。相棒もあまりの意外な展開に驚いてぽかんとしています。なんとかよじ登り道路に戻って相棒に傷を見てもらうと、「血、出てるしものすごいたんこぶになってる・・・。」

 後日、おでこの絆創膏を見た友人達に「どうしたの?」と聞かれる度に説明が面倒くさくて面倒くさくて・・・だって「ガードレールにぶつけた。」って言ってもみんな理解してくれないんですから。

 で、「気を付けて・・・。」の声は、「ガードレールに気を付けて。」だったのかなあ、と今でもふと考えてしまいます。あのとき、山の主というか、精霊とでもいいましょうか、禁断の領域に住むモノの気配を感じてちょっと怖かったです。あれ以来、渓流には入ってません。
 

2003.7.26

砂浜おじさん2

 「あんたあの〜なんだな、釣り番組出てる女の子、あの子すごいけどあんたもすごいよな〜。素人じゃねえな。」

 去年、大磯海岸で弓角をブンブン投げていたら、ゴルフクラブをブンブン振り回している(めちゃめちゃ怖かった)おじさんに捕まった。 そしておじさんは我々に「それじゃだめだ!」「こうしな!」と勝手にコーチングし始めた。 しかもおじさんは全然釣り道具を持ってない。持っているのはゴルフクラブのみ。釣りはしないんですか?と聞くと、近所に住んでいて以前は毎日投げキスや弓角をしていたが、釣り仲間が最近減ってしまい面白くないからやらないとのこと。「まさか私を釣り仲間にして復帰するつもりか?」不安がよぎる。しゃべりすぎる釣り仲間は好きではない。こちらが釣りにならないからだ。しかもゴルフクラブ振り回しながら浜をウロウロしている人って・・・

 おじさんは投げキス派らしく、角を投げている私と相棒に円心投法を強要する。怖いのでしかたなく二人でやってみて見事に仕掛けがPEごとぶっちぎれる。おじさんは「タイミングが悪いんだ!」と鬼コーチの気分になっている。あ〜あ、今までで一番やっかいな人につかまっちまったよ・・・。

 おじさんはゴルフクラブを持ってはいるが素振りするわけでもなく適当にぶん回している。なんでゴルフクラブを持っているのか聞くと「最近の若者はおっかねえから、護身用だ。」という返事。大丈夫。絶対、誰もあなたにはちょっかい出さないよ。

 適当に相づちウチながらそれでも一生懸命に角を投げていると、おじさんが「おい!あそこだ!ナブラ出てるぞ!」と叫ぶ。本当だ、ナブラだ!それまで邪魔されている感が強くちょっと不機嫌だった私は急に元気になった。そしておじさんはあちらこちらにナブラを発見しては知らせに来る。その目の良さにだんだん感心し始めていた。

 「ナブラ見つけるの早いですね〜。」
 「あったりまえだよ。ここに子供の頃からいるんだよ。」

 しばしナブララッシュの後、また海が静になった。おじさんは結局、私と相棒が撤収するまでず〜っと勝手に話しまくりのアドバイスしまくり。「じゃあ、私たちこれで帰ります。さようなら!」というと、「おれは毎朝ここ散歩してっからまた会うな!」と・・・釣りの度にこんなに話しかけられたら釣れるモノも釣れない!結局その日は丸坊主。そのおじさんが怖くてしばらく他の浜へ通ってしまった小心者の私であった・・・。
おやじ

2003.7.5
mami

砂浜おじさん

 タイトル変ですね。あんまり気にしないでください。

 去年の4月から秋口まで、砂浜の投げ釣りにはまっていました。シロギスの遠投釣りとサーフトローリングです。最初はシロギス釣りをしていたのですが、このとき買いそろえた道具は3980円のリールと7800円の竿。相棒に「そのリールはいくらなんでも安物すぎないか?」と言われました。でも当時は(っていってもそんなに昔じゃないなあ)釣具に出せる予算は気持ち的にこの程度だったわけです。

 で、一生懸命、遠投の練習をしてました。ジェット天秤の号数もあれこれ試して毎回毎回フルキャスト!

 しかし、全然飛ばない。

 シロギスは足で釣れってよく聞くように、投げ釣り師は砂浜の端から端を行ったり来たりしています。私と相棒は不精者です。釣具以外にジュースやお弁当、おやつなんかを山ほど持っていて身軽じゃないのでずーっと同じ場所で釣ってました。だから同じ人が我々をちらっと見て通り過ぎていくわけです。二〜三回通り過ぎていたおじさんが(見たところもうご隠居さん)「シロギス釣ってるの?」と声を掛けてきました。「はい。でも全然飛ばなくて釣れないんです。」「どれどれ・・・これじゃあ誰が投げても飛ばないよ。」「道具のせいですか・・・。」「あっちのひとなんて竿とリール、あわせて20万円するの使ってるよ。」

 「・・・・・・え?」

 知らなかったんです。キスの投げ釣りを。恐ろしい世界でした。飛距離に命とお金をかけまくる世界。めん玉飛び出ました。よくよく周りを見てみれば、みんな投げる前にグルグル回ってるし、投げた後にピシッと固まって動かないし、今までの釣りと勝手が違いすぎる!

 その後も浜へ行くたびに様々な砂浜おじさんが話しかけてきました。その度におじさんの手元の道具を見てギョッとする日々。みなさん、毎日のように技に磨きを掛けに来ているそうですがとにかく超高級タックルのオンパレード。ああ釣り馬鹿は恐ろしい。

 でも、あんまりにも飛ばないので相棒と二人で考え抜いて、中ランクの並継ぎ竿とリールを買いました。そうしたら二人とも一気に飛距離がアップしたではないですか!!!そして念願の二桁釣果を記録しました。

 その道具を次に堤防の投げ釣りに持参。すると隣のおじさんがリールを見て「ずいぶん良さそうな道具ですねえ。釣れますか?」とのぞき込んできました。うふっ。実はイシモチ釣れました、と言うと「良いなあ、おれは何にも釣れないよ〜。」と羨望のまなざし(気のせい?)。堤防では必ずしも遠投は必要でないんですけどね。その時はたまたまえらい遠くへぶん投げて探ってきたらイシモチが釣れたんです。

 「高い道具」=「釣れる道具」と私の頭にインプットされるきっかけが、砂浜おじさんたちのお道具でした・・・。
銭がもの言うシロギス道

2003.6.16