白身魚をバルサミコソースでサラダ仕立てに。

芦ノ湖はもう冬でしょうね。
ってオイオイ東京だって九州だってもう冬だい。

ワカサギ釣りの時の泳がせ&ハーリングのレポを書こう書こうと思いつつ、なかなか筆(キーだよ)がすすまず長期間放置・・・いけないクセです。

でも、年内には必ず書き上げますよ。
来年の釣行の参考にもなるんだからね。

今日はお茶濁しのお魚料理レポです。
赤いお魚を3枚におろして塩コショウ小麦粉。
ガーリックオリーブオイルでかりかりソテーしました。
ソースは久しぶりにバルサミコで作ったのですが予想以上のデキに大満足。
バルサミコ、赤ワイン、しょう油、バターが材料です。
お魚に赤ワイン〜!?っていつも思うんだけど、このソースは白身魚にバッチリ合うのだ。

まわりにベビーリーフとプチトマトを配置してサラダ仕立てにしたらオシャレっぽいような気もするし、たぶん意外と低カロリーだし女子&メタボ釣り師におすすめかもしれないです。(いい加減な書き方だな)

気になったらお試しください。

体壊してから控えていたお酒もボジョレー解禁直後ということでちょいと飲んでみました。
いただきものの珍しい白ボジョレーヌーボー美味しかったなあ。