スイカジュース
ハワイを想って作ったスイカジュース


最近は朝食をフルーツだけですますことが多い。
すでに夏バテ気味の胃腸に朝からしっかりとした朝食はきついけど、フルーツなら適度な糖分とビタミン、ミネラル、水分が一度に摂れるし、なにより簡単なので都合がいい。
フルーツだけでお腹持ちはどうなのか、と思う方もいるだろうが、これが意外と大丈夫なのだ。

ものすごく食欲がない場合にはさらにフルーツをミキサーにかけてフレッシュジュースにしてしまう。
一時期、健康のために野菜ジュースを毎朝作って飲んでいたが、野菜だとなんとなく飲みたくないと思う朝が必ずあるのはなぜだろう。
くらべて、フルーツジュースは作ってみたものの飲みたくない、ということは今のところない。
バナナ、リンゴ、メロン、スイカ、キウイ、パイナップルなど、毎日いろいろ楽しんでいる。

実は船酔いをする方の朝食にフレッシュフルーツジュースはおすすめだと思っている。
胃腸に負担をかけすぎず、消化が早く、それでいて胃腸のエンジンスタートはさせてくれる。
いろいろ試したけど船酔いに効く朝食が見つからない、という方は沖釣りする日の朝にいちど試していただきたい。
ちなみにニンジンジュースやトマトジュースも悪くはないが、私の場合は今のところフルーツジュースに軍配があがっている。

フルーツにしろ野菜にしろ、ジューサーなどで繊維質を取り除くのではなく、ミキサーやミルサーで丸ごと液状にする。
繊維質を除いてしまうととたんに腹持ちは悪くなるからだ。
ただし、リンゴやパイナップルなど繊維質が多いフルーツは氷や水を足してミキサーにかけるか、少し漉しても良いだろう。
市販のジュースではなく、とにかくフレッシュジュースにこだわって。

さて、もう何年かごぶさたなのだが、私はハワイが大好きだ。
滞在中に必ずいただくのが Watermelon juice・・・スイカジュース。
ハワイではホテルのレストランや街角のジューススタンドなど、意外とどこでも売っている。
スイカアイスやシャーベットもポピュラー。

うちのような二人暮らしの家で丸ごとや半分のスイカは食べきれず持て余してしまうが、ジュースにするとあっと言う間にたいらげてしまう。
頂き物のスイカはいくらか切って味わった後、スイカジュースを作って楽しんでいる。

スイカに限らず、美味しいフルーツをジュースにしてしまうのはもったいないと思う方もいるだろうが、私にとって上物のフルーツでジュースを作るのはこの上ない贅沢で幸せな事なのだ。
ちなみに、ちょっと固くて美味しくないメロンなどはジュースに最適。

夕食後にスイカを食べると必ずお腹を下してしまうのだが、なぜか朝に食べるとまったく問題ない。
そんなわけで近頃はスイカを食べたいときはできるだけ朝食にいただいている。
熱帯夜あけの体に氷と一緒にクラッシュしたスイカジュースをゴクリ。
スカッと怠さも抜ける。