女性の釣りと男性の釣りはある意味で違う。Part 3

 

お元気ですか?

 

いつかメンタリストになりたい金子マミです。

 

何となくですけど、どうやらこのブログは金曜・土曜・日曜に書きたくなるみたいです。

 

ーーーーーーーーーー

 

さて。

 

前回のブログの続きです。

 

 

女性は共感しようとする


男性は優位を保とうとする

 

やっぱり赤と青でわけるとトイレ🚹🚺みたいだね。笑。

 

 

先にお断りさせて頂きますが

 

私が言いたいのは

 

どちらが良いとか悪いとかいう話じゃないです。

 

男女の傾向を知った上で

 

じゃあ釣りを広めるためには何が必要か?

 

そういうお話しをしたいと思います。

 

 

男女差っていうのは皆様ご存知の通り

 

あらゆるところに影響しております。

 

 

男女差を感じるもののひとつとして

 

雑誌の表紙があります。

 

 

男性誌といわれる男性をターゲットにした雑誌。

 

趣味から教養から時事ものに至るまで

 

ざ〜っと見てみるときっと誰でも気づくこと。

 

「男性」が表紙になってる雑誌が少ない!!!

 

 

 

試しにAmazonのカテゴリ検索で雑誌>男性ファッション ライフスタイル

 

で検索してみてください。

 

一部のファッション雑誌はもちろん男性モデルが表紙のものもありますが・・・

 

 

圧倒的に少ない!

 

女性向け雑誌と比べると本当に少ないんです。

 

 

比べるっていうかもう・・・

 

最初から別物です。

 

 

女性のファッション&ライフスタイル雑誌では

 

表紙が女性モデルや有名人でないものを探す方が難しいくらい。

 

ほとんどが「女性」です。

 

 

女性の場合はファッション雑誌の数も圧倒的に多い。

 

だからモデルさんが表紙になるのは当然ですが

 

驚くのはファッション系に限らずだから。

 

なぜか知識教養系雑誌でも女性が表紙のものが多い。

 

 

日経WOMAN

メイン特集

[人生が9割うまくいく時間のルール]

 

 

この雑誌の表紙

 

吉高 由里子 さん

 

であることの必然性とか必要性って?

 

 

不思議です。

 

実に不思議です。

 

ここにも男女差が現れてるのじゃないかと思います。

 

 

おそらく男性雑誌は作っている人たちも男性。

 

自然と男性にアピールできる

 

=売れる表紙と中身になっているはず。

 

もちろん女性雑誌も同じく。

 

 

そして自然とそうなった結果がこの表紙の差。

 

 

でもね。

 

男性メインターゲットの雑誌の例外がですね。

 

実は・・・

 

実は実は・・・

 

 

釣り雑誌なんです。

 

いや、正確には

 

釣り雑誌だった かな。

 

 

ああ・・・

 

結局ね・・・

 

私の中のブログ1記事にしてはまた長くなってしまって・・・

 

 

ごめんなさい続く、にします!

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ

釣りの楽しさ広めるために
ブログランキング参加中

1日1クリック応援おねがいします⭐︎