女性の釣りと男性の釣りはある意味で違う。Part 2

 

メンタリスト・マミです。

 

嘘です。

 

金子マミです。

 

最近は毎朝寒すぎて陸にいる亀のように動きが遅いです・・・

 

 

前回のブログ釣り人心理男女の差についてちょっと書き出しました。

 

ちょっと出だしを書いただけのつもりだったのに・・・

 

たくさんの女性アングラーに先を見越されました(笑)

 

 

 

もはや続きを書くまでもないかな〜っと思ったのですがそこは約束。(誰と!?)

 

いちおう続きを書きます。

 

 

さて、その前回のブログで出したサンプルは、ご存知の方も多いかもしれませんがこれです。

 

心理学で言われている男女の傾向。

 

 

女性は共感しようとする


男性は優位を保とうとする

 

 

男女を赤と青でわけるとトイレ🚹🚺みたいですが許してね。

 

もう少し柔らかく言うと男性は「解決」しようとする、という言い方もできます。

 

しかし解決策を提案すること=優位性を保つことと解釈されてもいます。

 

ここでは釣りと絡めやすいので(!!)優位を保つ、を引用します。

 

 

女性は共感しようとする


男性は優位を保とうとする

 

必ずしもすべての人にあてはまるわけではないのですが、観察してるとだいたいこれ合ってます。

 

 

それでもって、釣りってまあ男性たちが始めて、道具やテクニックを発展させてきたわけです。

 

たぶん女性に比べて競争心とか闘争心が男性の方が強いからですよね、きっと。

 

狩猟本能とも言うかな。

 

 

もっと狩りたい。

 

他の人よりたくさん or 大きい獲物を狩りたい。

 

 

もっともっと!と思わないと道具なんて進化しなかったと思います。

 

これは釣りに限らずね〜。

 

どんな仕事も趣味も、もっともっと!は男性の方がより本能的に求めてる感じします。

 

 

じゃあ女性に競争心や闘争心、狩猟本能がないかっていうとそんなことはありません。

 

だけど男性と同じ比率ではく、また同じ形でもないようです。

 

 

 

さて。

 

では男女差や男性性と女性性の強い弱いを認めた上で、私が考える釣りとの関わり方とは・・・

 

 

ってことは、これまた続く、ってことです。ごめん!

 

にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ

釣りの楽しさ広めるために
ブログランキング参加中

1日1クリック応援おねがいします⭐︎