女性のフィッシングライフスタイル考察、的なつぶやきpart2。

釣りは準備から片付けまで、手間時間がかかります。

これは他のスポーツや趣味でも当てはまるものがたくさんあると思いますが、釣りは間違いなく実際に釣っている時間だけでは楽しめません。

準備や後片付けをしない釣りももちろん存在しますが、それは私の中ではカラオケや飲み会と近い、瞬間を楽しむ方法であり、趣味としての釣りではありません。※あくまでも私の中では、です。例外もあります。

一見面倒な釣りの準備、そして次の釣りを快適にするための道具の手入れや後片付け、必要な物品の買出し、情報収集、釣行記録を書いたり、写真を整理したり、釣ったあとに最大限に美味しく食べる努力をしたり…とことんやり込む程に仕事以外の生活時間の多くを使います。

だからこそ釣りはライフスタイルに組み込まれていくのだと思います。そして、その組み込まれ方が強固であればあるほど楽しく、そして趣が深くなっていくのです。

昨日のシーバスジギング釣行会でも、素敵な女性アングラー達にお会いできました。皆さん生活の中に当たり前のように釣りが存在し、釣りをしない人なら知ることもないような小さなハードルを沢山乗り越えてきた人たちでした。

この小さなハードルというのは(釣り業界そのものが努力して無くすべきハードルも存在しますが)全て誰かが取り除いてしまうと釣りの楽しみも減ってしまうはずです。だからこそ釣りを趣味にするためにはこの小さなハードルは自分で乗り越えていく必要があると思います。

でも、昔はきっと、そして男性たちはきっと、そのハードルを越えるためのメンターが沢山いたはずです。

しかし今は釣り人口そのものが減り、人生の中でふと出会う釣りの師匠というのは比例して減っていると考えられます。

潜在的な釣り好きの人に本物の釣り人になってもらうためには、教室でも体験会でも良いのですが、良い師匠というか、良き仲間を巡り合わせる事が必要なのではないか、というのが私のここ数年の考え方です。

今、会の皆さんと一生懸命に準備しているつりジェンヌ主催【女性のための釣り講座】では、主に釣りの準備という、楽しいハードルについてお話しすることになりそうです。この講座が導きのひとつになれば嬉しいです。

さて、昨日のジギングタックルのメンテナンスが終わったら次は週明けに行く鬼カサゴ&ヤリイカ釣りの準備です。