以前に何かで書いたかもしれないが、私が沖釣りを始めたきっかけは8年ほど前にTVでワラサをばんばん釣っている児島玲子さんを見たことだ。

しかしながら、生まれて初めて乗った乗合はイメージとはほど遠かった。
満足できる釣果が得られなかっただけではい。
船宿で借りた旧型の手巻きリールとロッドをロッドキーパーもない状態で筋肉痛に耐えながら手に持ち、ガチャガチャと糸を巻く私は、テレビで見た児島玲子さんとは(容姿ではなく置かれた状況が)天と地ほどの差があるように感じられた。

私は一週間もしないうちに釣具店にかけこんだ。
テレビで児島玲子さんが使っていた道具でワラサが釣りたいんです、と店長に告げ、新品のロッドと電動リール、ロッドキーパー、レインウエアを手に入れた。

_____


まあ、そんな感じで児島玲子さんという同年代の女性がひたむきに、そして楽しそうに釣りをしている様子を見て沖釣りにチャレンジする決心がついたのだ。

実はそれより前に、GTチャレンジのためにジムで激しいトレーニングを積んでいる彼女の姿が放映されたときにも驚き感動し、憧れを抱いていた。
あれは一種のドキュメンタリーにも思える内容だった。
たまたまチャンネルを合わせただけだったのだが、本当に喰い入るように見てしまった。

_____


先日のシーバスジギングでご一緒した女性二人(じんこさんとチホリさん)と午前釣りの後にファミレスでお昼をいただいた。
お二人とも私と同じように児島玲子さんから受けた影響があると話してくださった。
そしてポスト児島玲子はいるのか?出てくるのか?という話題になった。

シマノはもちろん、釣り業界は次々と若い女性タレントをテレビや雑誌に投入してくるが、はたして児島玲子さんくらい女性アングラーの心にひびく人物は出てきたのであろうか?
特に同世代の若い女性に印象付けて、釣りを始めるきっかけが与えられる様な人は。

「若い女性」となるとアラサー、アラフォー女性が選ぶものではないので、実感として私は伝えられない。
20代から30代前半の方で最近釣りを始めた女性にとってのアイコンというか、憧れ、目標のような存在の女性アングアーはいるのだろうか?

_______


ちなみに現役のアラフォー女性アングラーとして ” 私が ” 思っているのは、児島玲子さんはじめ、同世代のプロアングラーの活躍をもっと見たいという事。
これについては先にでてきた女性釣り仲間のお二人も同意してくれた。
すっと見ていたい。
できれば50、60歳でどんな釣りをするのかずっと見守りたいと思うのだ。

メディアが男性に見せたいのは、かわいらしい若い女性だろう。
それについて文句はないし、むしろどんどんやっていただきたい。

それとは別に、男性だけではなく女性も生涯楽しめるスポーツだとアピールする人材がいても良いと思うのだ。
そんなわけで、私は釣り番組はもちろん、女性誌などにもアラサー&アラフォー女性のプロアングラーをどんどん出していただきたいと切に願っている。
男性プロも良いけれど、かっこいい女性プロにずっと憧れたり、追いかけたり、真似したりしたいのだ。