釣りを好きになったきっかけというのは人それぞれだと思う。私の場合は小学生の時、祖父と行って入れ食いだったニジマスの釣り堀だ。ただ、それはきっかけであり、実際にそのまま釣りにのめり込んだわけではない。その後ブームにのってバスフィッシングも楽しんだ。しかし、現在のように海釣りの魅力に取り憑かれたのは心の師匠の影響である。

 師匠は会社の同僚であった。同僚と言っても20才くらい年上のおじさんだ。会社に入りたての頃、入社動機を聞かれて「釣りが好きだからです。」というと大変気に入られた。しかし当時、私が凝っていたのはトラウトフィッシング。師匠は「食べて旨い海の魚を釣らせてやるよ。」といい、横浜・本牧の夜釣りへ他の同僚数名と共に私を連れだしてくれた。

 海釣り経験ゼロで、道具も仕掛けもさっぱり分からない私に師匠が貸してくれた道具は、1.5メートルくらいのペナペナな竿とフライリールを改造した太鼓リールだった。仕掛けはシンプルな1本針とガン玉おもり。そこにアオイソメを付けて堤防際から底までふわりふわりと落とし込み、底からゆっくり巻き上げるように指導された。

 言われたとおりに何度か落とし込み、底からゆっくり巻き上げていた。最初は底に着いたのか着いていないのか分からなかったが、何度か教わる内にコツが飲み込めた。突然、ものすごい勢いで糸が出ていった。その時、側にいた同僚は、「ちゃんと巻いてる?巻かなきゃだめだよ!え?重い?何かわいこぶってるんだ!」と檄を飛ばした。しかし、腕力に(当時は)自信があった私でさえなかなか糸を巻くことが出来ない。竿は満月を通り越してグンニャリと曲がっている。ようやく上がってきた魚を見て、師匠と同僚達は唖然としていた。70センチ以上あろうかという見事なスズキであった。師匠は、私を褒めずに「この竿、すごいだろ。」と一言。私の腕が良いから釣れた可能性はゼロ。おっしゃるとおり竿のお陰だったのであろう。その後はメバルやカサゴ、アナゴなどを皆で釣り上げて深夜に納竿となった。

 海で生まれて初めて釣った魚がスズキだったというビギナーズラックは私の釣り人魂を目覚めさせた。それからは師匠の釣行には出来るだけ同行した。最初の魚があまりにも強烈な印象だったので、それ以上の興奮を得られる魚にはなかなか出会えなかった。師匠の本命はクロダイ。私もヘチ竿を購入し、教わりながらクロダイとの出会いを求めた。しかし顔を見られないままあっという間に1年以上経っていた。

 諸事情により会社を退職したあとも師弟関係は続いており、相棒ともどもかわいがってもらっていた。そんなある日、師匠が入院したという連絡が会社から入った。師匠は重い病に冒されていた。見舞いに何度か行ったがとてもつらい闘病生活のようであった。師匠に病気と闘う威力を発揮させるのは釣りに行きたいと思う強い欲望だと信じ、私は携帯メールで釣果を逐一報告し続けた。

 入院から数ヶ月後、師匠から電話が入った。いつもの堤防釣りに同行して欲しいとのことだった。体調が心配ではあったが、一時帰宅の許可をとってあるから大丈夫だと言う師匠の言葉を信じ、同行することにした。その時期、堤防でアジが好釣だったのでそのことを告げると、ヘチ釣りは体力的に無理だからアジのサビキ釣りをしたいと彼は希望した。

 久々に会った師匠の弱り様は誰が見ても明白だった。それなのにコマセを振る彼はとても嬉しそうだった。なんとか沢山のアジを釣らせてあげたいと思ったが、その日の釣果はあまり良くなかった。夕間詰めから夜八時くらいまで竿を出し、納竿とした。二度目の一時帰宅でも師匠は同様の電話をよこした。しかし体調が思いの外悪化し、中止となってしまった。

 その後、師匠と釣りに出かけることはなかった。師匠は海に還った。戒名に「魚」の文字が入っていた。

 元同僚の話では、病床でも竿をいじっていたそうだ。いつでも釣りに行けるように手入れをおこたらない人だった。私は師匠に聞き忘れていたことがある。あの最初に貸してくれた竿は何竿だったのであろうか・・・。

 師匠の他界後、どうしても彼と通った堤防に行けないでいた。行って、そこに師匠がいないということを実感してしまうのが嫌だった。私は場所を移し、サーフへ、そして沖へと出ていった。

 私が沖に出てから一年以上が経った。師匠の魂が乗り移ったのかと思うほど、彼亡き後の私は釣りキチ度がひどくなっている。そのお陰で沢山の人と出会い、魚と出会い、幸せに暮らしている。

 近い内、師匠と通った思い出の堤防でのんびりアジを釣りに行こうと思う。

 

2003.11.11
mami