正直言って、私は洋モノの釣りが苦手だ。嫌いではない。釣りならはっきり言ってなんでも好きだ。じゃあなぜ苦手なのかというと、「上達しないから」である。

 沖釣りにどっぷり1年以上はまって、知らぬ間に私は知識が増えて(多少、頭でっかちな感は否めないが)仕掛けから道具、釣法までかなり幅広いウンチクが垂れられるようになった。しかしその分野は餌釣りや伝統的な日本の釣りに限られている。同じ沖釣りでもオフショアルアーやジギングに関しては全く進歩していない。たまにショアでルアーをやっても釣れない。この差はどこから出てるの?と考えてみて、ふと気付いた。洋モノ釣りに関する数字が体に染みついていないのだ。

 私が既に感覚的に覚えることが出来ている数字は、和モノに限られている。「針○号」「ハリス○号」「おもり○号」「対応錘負荷○号〜○号/対応ライン○号」と言った類。洋モノの「16ポンド」「10オンス」といった数字は、頭で計算しないと理解できないのだ。感覚的に、全く染みついていない。

 これは単に、経験不足が原因かとも考えた。だが、自分で言うのも何だが、ルアーフィッシングの方が累計釣行回数も多いし経験年数も長い。とはいえ、そういった数字やタックルの種類を全く気にせず、自分が見て気に入ったルアーやタックルを適当に使っていた。だから釣果が伴わなかったのであろう・・・

 その点を反省して、先日真剣に考えながら釣具店でルアーフィッシングコーナーを見て回った。しかし、やっぱりいまいち数字がピンと来ない。10オンスは何グラムなのか?16ポンドラインとは何号ハリスくらいの強さ?といったことばかり頭を駆けめぐる。

 何事も勉強と経験が物を言うはず。これからはもう少し真剣にルアーやジギングを勉強して、場数を増やしていこうと思った。それでも数字がわからなければ、私は単なるおバカさん!ということだ(笑) 

 あ!和モノでもわかってないものがあった!ウキ!Bとか3Bとか、マイナスとか・・・どうやってバランス取るのじゃ!?そう言えば物理のテストで15点取ったことを思い出した・・・力学とか、苦手なのよね〜。。。。。っておい!そんな複雑な話じゃないはずだぞ!

  要するに釣りバカじゃなくてただのおバカさんだったみたいです♪

2003.11.26
mami

※自分のためにこんなページ作りました↓
http://lovefishing.net/PAGES/kanzan-hyo.html